JUNPEI USAMI NET

おもしろき こともなき世を おもしろく 高杉晋作辞世の句より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|

伊豆の釣り人

先週末はわが心の師、マサさんを訪ねて一路伊豆へ。


某温泉ホテルで働かれていること、完全に伊豆の人間になり始めていること、そしてまた釣り人として来る日も海に釣り糸を垂らしていること。


そんな情報をキャッチしていたはものの、やや半年間マサさんとはお会いしてなかったので、今回のツアーは本当に楽しみであった。


そして本ツアーには名古屋から今奈良も参戦し、マサさんのプロデュースで温泉に、釣りに、ドライブに、地元海鮮料理にと最高の時間を過ごさせてもらった。


特に温泉好きの自分にとっては、3度も入らせてもらったあの絶景露天風呂は忘れられない(今奈良と朝から1時間くらい入ってしまったが・・・)。


そしてやはり欠かせないマサさんのありがたいご高説。


マサさん、ありがとうございました!伊豆ツアー最高でした!また行きます!


【おまけ:伊豆写真】
izu-01.jpg

izu-02.jpg

izu-03.jpg

izu-04.jpg

izu-05.jpg

スポンサーサイト
  1. 2008/10/14(火) 23:03:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

驚き、世界遺産知床と養老牛温泉

北海道に帰省し、毎日汗とは無縁のからっとした日々を送っています。うーん、快適ですね。


先日は家族で北海道の東、道東エリアを旅行しました。生まれも育ちも北海道ですが、知らないことがまだまだたくさんありますね。今回訪れたところはすべてはじめて。驚きと感動の連続でした。


まずは帯広空港に降り立ったときの気温。14度・・・
20070817194108.jpg



網走で観戦したラグビーのゲーム
20070818153814.jpg



羅臼岳。荘厳ですな~
20070819112402.jpg



知床五湖。自然そのもの。
20070819135613.jpg



道中の滝
20070819152040.jpg




そして極めつけは養老牛という秘境にある温泉。ここは知る人ぞ知るという場所だったが、宿泊した旅館、周りの環境ともにすごかった!正月は実家でゆっくり過ごすのが定番となっているが、ここなら年越しをしてみたいと思う場所でした。おもてなしの原点を見た気がします。


温泉の前に川が流れています。この横で露天風呂に入れます。
20070820091917.jpg



エントランスにあたるところに囲炉裏。至れり尽くせりの時間でした。
20070820092012.jpg



久々にじっくり旅行しました。また道東には行きたいですね。
  1. 2007/08/23(木) 23:31:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

見所充実、関西2泊3日

京都は嵯峨野の紅葉の奥床しさに息を呑んだ筆者です。プライベートと仕事を兼ねて関西に2泊3日で訪れました。


■23日
関学高等部のラグビーを観戦。関学「らしさ」がなかったことが、残念だったなと思います。また来年多くの人に感動を与えられる「らしさ」を取り戻して頑張ってもらいたいです。


■24日
西宮の美容室「Furusho」で髪を切ってもらった後は、仕事の関係で京都へ。蘇った廃線、「嵯峨野観光鉄道のトロッコ電車」に乗りました。


200611241420000.jpg



トロッコ列車は満員も満員、大盛況でした!一部写真を紹介。


200611241607000.jpg



このトロッコで嵯峨野から亀岡まで30分かけて保津川の紅葉を楽しみます。


200611241607001.jpg



ご覧ください、この盛況っぷりを!まだ訪れてない方は、ぜひ嵯峨野へ足を運んでください!春夏秋冬、色んな景色で楽しませてくれます。


200611241435000.jpg



嵐山の渡月橋。風情ありますよね。


「日本で一番どきどきする町」という項目があったら、自分はダントツで京都ですね。いつ訪れても違った感動があります。


■25日
関学アイスホッケー部の優勝決定戦を観に、もりお氏と共に新設された関大リンクへ。最近医学部にサプライズ合格した真吾氏、今奈良氏、川西氏などの同期も集まり、応援に熱も入りました(相変わらずの爆笑トークに関西人の笑いのレベルの高さを再認識!)。


立命館大学との試合は残念ながら4-8で敗戦。客観的にみると、まだ優勝するチームではなかったかなと。ただ非常にしぶといチームになっていて、「強さ」そのものを感じました。離されても離されても追いつく力は自分たちのときにはないものでした。


今年のチームは自分たちが4年次の1年生が最終学年になって築いたチームでした。今年のキャプテンの中町が「最終学年のときはチームとしては関西で1番、個人としてはベスト6を狙いますよ」と車の中で語っていたことが昨日のように思い出されます。


チームは残念ながら関西制覇できなかったけれども、2連覇を飾ったライバル関大に勝った堂々の3位だったし、個人の目標だった関西ベスト6にも選ばれたすばらしいシーズンだったように思います。後輩ながら誇りに思います。来月の関大との定期戦、そして最後の全国大会もがんばってもらいたいですね。


その中町本人も振り返っていたが「強豪チームになっていくこと」が大切だと、自分自身も思いますね。常に優勝という言葉がチームに飛び交うこと、それを意識した練習をしていくことが今まで普通にあったチームとそれが18年ぶりに訪れたチームでは、やっぱり少し差があるように思いました。ただ来年度からはチーム結成から「優勝」を現実的な目標に掲げられる。これは本当に大きい。「目標」と「意識」が常に表裏一体になってくると、チームは加速度的に成長していくと思います。


アメフトは立命館に勝ち、久々の甲子園ボウルへ進み、大賀コーチのラグビー部も全国選手権へ一歩近づきました。関西発の楽しみ要素はまだまだ続きます。
  1. 2006/11/27(月) 15:33:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

函館に行って、帰って

あっというまに1週間が過ぎてしまいました。マッサージ漬けの1週間でした。


足つぼ以外にもいいところを見つけたんですね。そこの紹介はまた後日。


さて一昨日は函館に行ってまいりました。


200609090700000.jpg



母校であるラ・サール高校にも行って、お世話になっている清水先生にも挨拶できました。


一言では語れぬほど、非常に面倒を見てもらった清水先生は49歳になられた今日も非常に元気!もう、びっくりするほどに元気なんですね。


でも、やっぱり元気であるっていうことは、それだけで大切だなと思います。仕事も勉強も、元気であれば、こなしていける。それに元気は人に伝播して、周りをも元気にできる。


清水先生からは元気をもらった。負けずに元気でいこう。


さて上の写真ですが、旧椴法華村で現在は函館市に統合されてしまった、道南に位置する岬なんですね。


空気は軽く、ご飯もおいしく、水もおいしい。いやーーーーー、北海道、万歳ですね。なんていいとこなんだ・・・


さてこの場所にはこんな面白い温泉があります。「水曜どうでしょう」ファンの方はご存知の水無海浜温泉です。


200609090712000.jpg



「水曜どうでしょう」では大泉くんが荒波がじゃんじゃん入ってくるなか、心臓マッサージをしながら飛び込んでいくんです。


結構北海道には湖につながる温泉とかあるんですが、こういう秘湯みたいなものを訪れる旅をしたいものです。


1泊2日の短い函館滞在で、会いたい人にもあまり会えませんでしたが、得るものも多い時間になりました。またすぐにでも訪れたいですね。


さてその後東京に戻って、大学時代の同期、児玉氏と久しぶりに会いました。


200609101027000.jpg



家に泊まっていきましたが、大学時代とまったく変わらない、寝起きでいきなりの漫画です(コンビニおにぎり食べながら)。色んな話をしましたが、やっぱり話題は尽きませんね。刺激も与え合って、彼は群馬に戻っていきました。


ということで、淡々とつづる週末日記でございました。


200609102321000.jpg



今日の「情熱大陸」の蒼井優。映画監督の岩井俊二のコメントが面白かったですね。


岩井監督「彼女はね、俳優として映画にでることを『いやーーただの思い出つくりですから』っていったんですよ。『女優しかない』っていってくる女の子とは絶対的にその『幅』が違うんです。天才ですね」


21歳でまだ若い女優だけど、人間臭くて、親近感もありますよね。ちょっと注目していきましょ。


最後にお勧め漫画を。


「皇国の守護者」
20060911005058.jpg



これは、読み応えがある!宮崎駿デビュー作の全7巻からなる「風の谷のナウシカ」の世界観を髣髴させる深い漫画に、久々に出合った。絵もうまいし、これはいいです!お勧めシリーズですね。
  1. 2006/09/11(月) 00:53:12|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:6

ありがとう北海道 6

20060115184209


ありがとう北海道 6

白鳥の訪れる川、十勝川です。

  1. 2006/01/15(日) 18:42:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ありがとう北海道 5

20060115184208


ありがとう北海道 5

これが熊のスペアリブです。興味のある方は帯広の名所、北の屋台まで。

  1. 2006/01/15(日) 18:42:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ありがとう北海道 4

20060115184207


ありがとう北海道 4

そういう鹿や熊を猟銃で仕留めるマスターのやっさんです。

  1. 2006/01/15(日) 18:42:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ありがとう北海道 3

20060115183913


ありがとう北海道 3

牛でも豚でも羊でもない。熊のスペアリブです。

  1. 2006/01/15(日) 18:39:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ありがとう北海道 2

20060115183312


ありがとう北海道 2

地元帯広の辰巳寿司。日本一のお寿司屋さんです。

  1. 2006/01/15(日) 18:33:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ありがとう北海道 1

20060115183019


ありがとう北海道 1

約一ヶ月滞在した故郷北海道。「魔女の宅急便」のキキの最後のセリフ、「落ち込むこともあるけど、私このまちが好きです」が頭の中をリフレインしました。

  1. 2006/01/15(日) 18:30:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

帯広といえば

20060111135108


帯広といえば

でしょうか?帯広に関わる人は頷いてもらえるかな?

  1. 2006/01/11(水) 13:51:08|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:4

だってここは

20051220172714


だってここは

函館ですから。やっぱりいいよね、朝市。

  1. 2005/12/20(火) 17:27:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

雪国の夜は

20051220010307


雪国の夜は

雪で辺りが明るくなるんですね。これがいい。

  1. 2005/12/20(火) 01:03:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

市電

20051220005709


市電

函館の街をゆっくり走る市電です。ゆっくりしてて、いいもんですよ。

  1. 2005/12/20(火) 00:57:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0