JUNPEI USAMI NET

おもしろき こともなき世を おもしろく 高杉晋作辞世の句より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|

歩を「と金」に変える人材活用術―盤上の組織論

歩を「と金」に変える人材活用術―盤上の組織論
羽生 善治, 二宮 清純 (著) 日本経済新聞出版社より

51CCFZs2BkJL__AA240_.jpg



棋士である羽生さんとスポーツジャーナリストの二宮さんの対談本。切り口が非常に面白く、たとえば


・ラグビーのノーサイドと将棋の感想戦はどこか似ている

・相撲の出稽古のように相手を成長させることも日本では必要

・いい棋譜を残したい。なぜなら勝負はジャンケンでも決めようと思えば、決められるから。

・将棋の世界に指導者はいない

・一局で3キロ痩せる。運動もしてないのに、やはり脳は使っているんだとわかる。

・日本人はルールを守ることは得意でも作ることは苦手

・たとえばフランスのようにスポーツクラブの中に学校があっても面白いかもしれない。


などなど、随分とメモを取ってしまった。


神戸製鋼ラグビー部や野球選手、サッカーW杯の話を将棋の世界にたとえていくのが面白い。興味のある方はぜひ一読を!

スポンサーサイト
  1. 2007/11/29(木) 19:43:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
次のページ