FC2ブログ

JUNPEI USAMI NET

おもしろき こともなき世を おもしろく 高杉晋作辞世の句より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|

チームになってきた

一昨日、ワセダクラブは府中ジュニアラグビークラブと試合をした。


先月は世田谷ラグビースクールとの試合で、勝つには勝ったが、普段言っていることがほとんどゲームで出せなかった。その反省から、この1か月半、正直相当厳しい練習を積んできた。サーキットメニューという飛びっきり選手の嫌がるものを準備。オーストラリアのクラブチーム(ワンダラーズ)で自分たちがやっていたものをカスタマイズさせて取り組んだ。オーストラリア代表から通称「ワラビーサーキット」と名付けたこの練習は、大人がやってもかなりしんどい(ワラビーはすでにチーム内で嫌われているワードの一つである)。


しかし、最初は本気で嫌がっていたこのフィットネスの練習も、ここ最近では顔色を変えずにすっと終わらせていく。ああ、この年代(小学2年生)の吸収力、何より順応力というのはものすごいなと感じる日々だ。あれだけ嫌がっていた長距離も、倍の距離にしても何も文句も言わなくなった。それだけじゃなく、どんどん日ごとにスピードがあがってきた。


そして一昨日の試合に話を戻すと、その積み重ねが爆発。8試合で70近いトライの数をたたき出して勝ち越すことができた。ボールを持った瞬間の加速力、そしてトップスピードの爆発力は、想像以上だった。もちろん負けた試合もあったが、その試合も内容としては熱く、激しいもので、見ているほうの心を揺さぶるハートのあるゲームだった。


いい続けること。何度も何度も大切なことをこれでもかと細かく言うこと。その軸をぶれないようにすること。そしてゲームを楽しむこと。


またひとつ大きくなった。ほんとほめてあげたい。


そして何より「ラガーマン」が集まる「ラグビーチーム」になってきた。これがうれしい。


決戦の12月21日まで、あと55日。


必ず勝たせてあげたい。


s0018DD012DA52008102621094477ec2e169de960.jpg
ハーフタイムの写真
スポンサーサイト
  1. 2008/10/28(火) 22:03:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
次のページ