FC2ブログ

JUNPEI USAMI NET

おもしろき こともなき世を おもしろく 高杉晋作辞世の句より

どうせ大麻

「いやだよ、ラグビーなんて。どうせ大麻だろ」


今自分が多くの信頼を寄せる中学生のプレーヤーが自らの学校でラグビー部を作ろうと仲間に呼びかけてた時に返ってきた言葉、だそうだ。


どうもこの言葉が脳から焼き付いて離れない。やはり今シーズンが終わる前に、この問題はどうしても記録しておく必要がある。


昨今土俵やグランドの外での騒動があまりにも多い。「選手のモラルと想像力の欠如」と警鐘を鳴らす以前に、もう事態がこれほどまで普遍化してしまうと、問題の起点もわからない。


プロでもアマチュアでもダメなことはダメ。これ以上も以下もない。


個人的には、選手本人の責任以上にそういったことを教えてきたであろう周囲の環境も問われている気がする。技術以上に何を教えるのか、こうしたことに今一度立ち返る必要がある。


「どうせ大麻」


これを読んでいるすべての「オトナ」の方々に、ぜひこの言葉の深さと意味を感じていただけたらと思う。そしてもし目の前でダメなことを犯そうとする少年少女を見たら、見て見ぬふりをせずに発言してもらいたい。「どうせ本人が困るだけ」ではない。まわりまわって最後は自分自身が大切にしているものも軽く扱われてしまう日が必ず来る。


問題の根は深く根付いてしまっている。一歩ずつそれを掘り起こす努力を微力ながら続けたい。


ダメなものはダメ。


繰り返していこう。



  1. 2009/02/25(水) 16:33:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ