JUNPEI USAMI NET

おもしろき こともなき世を おもしろく 高杉晋作辞世の句より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|

俺たちのパスポート

3月25日、全校生徒参加の離任式をもって中学校でのすべての責務が終了した。


自分を含めて8人の教職員の方々が壇上にあがり、花束を受け取った。


そして、花束と同時に関連のある生徒が手紙を読むというシーンがあったのだが、自分は直接英語を教えていた生徒からであった。


「授業の最後の5分にしてくれる色々な話が楽しみで、いつもがんばっていました。また授業の始まりにいつも全員としてくれた握手。最初はなんでこんなことしなければならないのかと思ったりもしましたが、もうできないと思うと本当にさびしいです。1年間、本当にありがとうございました」


という内容に思わずじーんときてしまったのだが、最後のフレーズで目が潤んだ。


「私たちはこれから『1.1』でがんばっていこうと思います」


これは本城さんが自分に教えてくれた言葉の一つだが、指針としてとても参考になるので、1年を通して授業の中で幾度となく説いてきたものだった。


600人近くいた体育館の中で、この言葉を本当の意味で共有できたのは自分が直接教えた111人と俺だけだったかもしれない。


それがなんともいえず特別で、すがすがしく、誇らしい気持ちになった。


俺たちだけのパスポート。


いつも、いつまでも、お互いが理解できるものとして、大切に刻んでおきたい。


改めて、本当に1年間ありがとう!いつまでも応援しています!

スポンサーサイト
  1. 2009/03/29(日) 22:42:33|
  2. | トラックバック:2
  3. | コメント:5
次のページ