FC2ブログ

JUNPEI USAMI NET

おもしろき こともなき世を おもしろく 高杉晋作辞世の句より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|

成長するJAPAN

日曜日に仙台で行われた日本代表とカナダ代表の試合は46対8でスコア、内容ともに完勝だった。


2年前のワールドカップでは同点だったライバルともいえる相手にこのスコアは充実の80分といっていい。


セットプレー、フィールドプレーともに安定感があったが、特に密集付近でのディフェンスは一歩も退かない激しいものばかりだった。これはあきらかにトップリーグの効果に違いない。タフなゲームを繰り返すことによりスタンダードが次のレベルへあがった(大学生のリーグも早くシステムを変更する方向に持っていくべきだ)。カナダ代表のプレーを見ていてトップリーグの試合ほどに迫力を感じないのはそのせいだ。我々観戦者の見る基準もあがっていることはすでに自明だった。


個人的MVPはマイケル・リーチ。いまや日本代表の核だ。あの上半身のあたりと体の柔らかさは完全に国際レベル。大学卒業後はニュージーランド、もしくはイングランド、フランスあたりのトップクラブと契約してさらにそのスキルとタフネスを磨いてほしい。


今週土曜日は秩父宮でセカンドマッチ。次はおそらくタフな内容になるだろうが、今の日本代表の力を見ると負けはないように思う。残念ながら仕事で観戦できないが、スタジアムに行ける方はぜひ成長し続けるJAPANを見てください。

  1. 2009/11/17(火) 18:43:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ