FC2ブログ

JUNPEI USAMI NET

おもしろき こともなき世を おもしろく 高杉晋作辞世の句より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|

寮生活 ラ・サール編 その3

お気づきの方も多いかと思いますが、おかげさまでランキングの方が


1位になりました(確認してください → クリック

たくさんの協力を得て無事ここまでたどり着きました。皆さんありがとうございます。今後もより一層がんばっていきます。


今日の記事はまたあの愉快な寮について書こうかなと思います。今回は年に1~2回行われていた寮のバザーについて。


毎年新入生が入学してきて1ヶ月くらい経つと夜に寮の食堂でバザーが開かれるんです。主催は2、3年生で、かもられるのが1年生。売られているの物は主に以下の通り。


参考書、問題集、中間・期末テストの過去問、筆記用具、漫画、週刊誌、服、カバン、靴、ジャージ、写真集、エロ本、エロビデオなどなど


もっともっとあったけど、今思いつくのはこれくらい。さて前半の部分はさしあたって問題なし。いらなくなった問題集や参考書なんかを相場100円前後で売っていくわけです。特に売れるのが過去問。これは高値で売れるため、上級生は必死に1年間キープしておくわけです。そのバザーのやりとりはこんな感じ。


先輩A「はいはい、この過去問は実力テストの回答まで全部入っているよ!これさえあれば間違いなし。はい、そこの賢そうな君、どう?」

かもA「その封筒に本当に全部入っているんですか?それでテストもいけますか?」


先輩A「信用していいよ!俺は成績も上位20位入っているし、これあればいけるって!」


先輩B(横から)「こいつまじで頭いいから、こいつの過去問は持っておいたほうがいい。友達にもコピーして売れるぜ!」



かもA「じゃあそれください」


先輩A「ありがとう。じゃあ特別にこの参考書もつけてあげるよ。」


かもA「いいんすか?ありがとうございます!」



なんていいながら気持ちよく商談が成立しているようにも見えますね。しかし、だまされてはいけない。先輩が売っているのは捨てずに取っておいたただの過去問であり、プラスいらなくなった参考書を持っていってもらっているだけ。それで金を払って「ありがとうございます」だから、1年生はまさに「かも」なんですね。これはきわめてベーシックなケース。バザーの終盤になるとこんなシーンも見られます。明らかに売れなかった大量の参考書を前に並べて、


先輩C「この問題集と参考書、全部で20冊はある。もうバザーも終わるから50円、50円でいいよ!」


先輩D「そこの君、ちょっと話だけでも聞いて、まじで損はさせないから!これを全部で10円で持っていってよ。10円だよ!」
 



10円で買わされて「損した!」って怒る奴がいるだろうか。いくら寮生が金がないからって平成の世の中でそんな奴、まずいないだろう。それによーく考えると、たかが10円や50円のためにそこまで声を張り上げて、必死になる必要はあったのだろうか?売れ残っていらないなら自分でゴミ箱に捨てに行けばいいだけの話である。それを無理やり後輩に持たせて自己満足を得ようとする行為が、今思うと滑稽だ。それを何人かはダンボールごと持たされて、ほとんど使うことなく来年に売りさばくのである。こうして何年も前の参考書がこの時期になると化石のように出没するわけですよ。僕らが37回生なのに、名前のところを見ると「21回生・・・」とか書いてあるわけです。よく捨てられずここまで来たなと思うと、一種の感動すら覚えてしまう。まさにこの寮の7不思議の一つでしたね。


さて先ほどの売り物中に後半売ってはいけないものがありましたね。未成年なのでもちろん売るのも買うのもだめ。しかし、大量のエログッズがこの市場で飛び交うわけです。それもアンダーテーブル(秘密ごと)で。


先輩E「ちょっと君、いい話があるよ。すごいのがあるんだけどさ・・・」

かもB「何ですか?」(← 聞いている時点でほぼアウト)


先輩E「この封筒に95年度最新版過去問と書いてあるけど、実際は中にエロ本が3冊にビデオが2本入っている。1000円で売ろうと思ったけど800円でいいよ。」


かもB「まじっすか?」


先輩E「しーーーー!声がでかい!もし買うんならこのリュックに入れていきなよ。これで無事にここから出られるから。」


かもB「うおーやった!800っすね?」


先輩E「はい、どうぞ。じゃ勉強がんばってね!」(← 言う必要なし) 



帰って中身を見ると確かにエロ本は入っていたが、ビデオは大学の案内ビデオとかでかなり憤慨していた友人がいた。しかし秘密にことを進めたため文句を言うこともできず、またもちろん先生なんかにも言えず、しぶしぶ「来年自分も同じことをしてやる」とか復讐を誓うんですね。また、たまにこの取引の最中に先生に見つかってエロ本が没収されるときがある。そのとき先生はエロ本をどこかに持って行くんですね、そのままの状態で。なんと悲しい光景なことか。どこに持っていかれるのかは誰も知らないし、没収されるシーンなんかも無言。麻薬でも拳銃でもない、ただのエロ本が厳重に没収される。はかないですよね。


ま、バザーで成功するやつもいるし、損するやつもいる。自分の場合は先輩から色々買わされて結構金使ったけど、翌年チューターをやったせいか後輩が面白いように自分のものを買ってくれて黒字で終わりましたね。ただ損得よりも、自分で勝手に店を出して、後輩をあの手この手で
つかまえて買わせていく、そのやり取り自体が醍醐味でした。


そして気になるエロビデオは寮なので見るところももちろんない。つまり夏休みの帰省時まで3ヶ月近く、ずっとロッカーの中で眠るのです。


ああ切ないかな、男子寮。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/26(金) 09:10:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<「ROCKYⅡ」を観て泣いた夜 | ホーム | 穏やかな午後のバスツアー>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wanderers.blog13.fc2.com/tb.php/58-9b309f04