JUNPEI USAMI NET

おもしろき こともなき世を おもしろく 高杉晋作辞世の句より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|

ジャパンオリジナル

昨日のワールドカップにおいてジャパンはカナダ代表と引き分けに終わり、4年前のワールドカップと同じ結果で終焉しました。


トンガ戦、カナダ戦、どちらも勝てたのでしょうが、これが現時点での実力なのだと思います。いろいろなものが足りないというより、何かが決定的に「ない」感じがします。先にも書いたチームとしてのプロセス、一体感、迷いなき判断。ラグビーというゲームをする以前の要素が埋まっていない。パシフィックネーションズカップのサモア戦を見たときから、昨日までほとんどこの気持ちは変わりませんでした。そこが残念であり、無念です。


次の4年間を今から創造していく必要があるのでしょうが、それは突き詰めていけば現場にいる我々にも責任があります。できればジャパンが目指すことをラ・サールでも目指したいわけで、そこが乖離しては結局また2015年も同じ心境になる可能性が高い。「低く、速く、激しい」を標榜するのであれば、代表レベルだけではなく、各カテゴリーにもより具体的なドリルをはじめとした指針を明示してもらいたいですね。「どのチームもオリジナル」ではなく、今こそ「ジャパンオリジナル」の確立を。自分ができることは限られていますが、決してあきらめず、ジャパンへと続く何かを求めていきたいと思います。

スポンサーサイト
  1. 2011/09/28(水) 17:14:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<二連覇 | ホーム | マサさん、結婚>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wanderers.blog13.fc2.com/tb.php/582-5ab3fa79