JUNPEI USAMI NET

おもしろき こともなき世を おもしろく 高杉晋作辞世の句より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|

ただ勝ちたいと願う

今日は高校の卒業式。高校3年生7名が卒業し、ラ・サールを巣立っていきました。


「自分たちを超えてほしい」


3年生の思いを引き継いだ現役部員。思いを新たに精進していきましょう。


さて恒例となっている中学チーム対高校チーム(中学3年、高校1年の編成)が本日卒業式後に猛吹雪の中行われ、中学チームが初勝利をおさめました。


「今日は絶対に勝つんだ」という気迫が40分間切れることなく続き、ただひたすらにタックルをし続けていた展開になりました。条件や状況として高校チームがベストではなかったこともありましたが、それでも中学チームが狂ったようにタックルし続けてトライ数で上回ったことには価値があったかと思います。


この対戦関係というのはチャレンジャーと受ける側ということで、構図として高校生チームは絶対的に難しいと思いますが、そのプレッシャーを上回るのが上級生の使命。素直に「悔しい」という感情を胸に敗因を研究し、リベンジを果たす。そうするとお互いにもっと伸びていく。このゲームにはそんな相乗効果がある気がしてなりません。


それにしても毎年、それも何回も書いているかもしれませんが、ラグビーはタックルですね。何かが起きるときは必ずタックルが関係しています。今シーズンもやはりカギになるのは全員のタックルになりそうです。

スポンサーサイト
  1. 2012/02/01(水) 19:39:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<MAGIC HOUR | ホーム | 優勝まで炭酸禁止>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wanderers.blog13.fc2.com/tb.php/596-686746b5